30 under 30

若手歯科医師に機会 
日本の歯科医療に未来を。

30 Under 30 とは?

30歳前後の歯科医師/
30名限定(30 Under 30)
~世界トップレベルの臨床家が
提供する若手向け
卒後研修プログラム~

意欲と資質がある若手歯科医師が、
世界レベルの歯科医師をメンターとし、
歯科医師として必要な基本的な
臨床技術や
職業倫理を身につける場。
ここから、将来の歯科界を担える
人材を輩出していく-

「30 Under 30」監修 山﨑 長郎先生が
この企画に懸ける想い

若手歯科医師の悩み

若手歯科医師の悩み1
臨床の羅針盤

様々なスタディーグループに参加しても、情報過多で何が正しいのかについて迷いが生じてしまう。また、臨床の羅針盤がないため、どのように最短距離で臨床技術を高めていけばよいかわからない。

若手歯科医師の悩み2
学習内容の日常臨床への
落とし込み

日本を代表するスタディグループの学習内容はレベルが高く、一度では十分に学習内容を理解できない。また、日々の臨床とのギャップが大きく、学んだことを十分に日常臨床に生かすことができない。

若手歯科医師の悩み3
経済的負担

「年間コース」の費用は百万円単位と高額のため、積極的に参加することが容易ではない。

1年間(12回コース)の卒業研修プログラム「30 Under 30」が始動します。

目指すゴール

12回コース終了時にGP(一般総合医)
として必要な治療を網羅的に習得する

30 Under 30 の 4つの特徴

世界レベルの臨床家から、基本を学ぶ

このプログラムでは、最先端のテーマや技術を取り扱うのではなく、
あえて世界レベルの臨床家から「座学+実習」で基本を学ぶことで、
歯科医師として生涯役に立つ「自己流ではない基本技術」を体得することができます。

世界レベルの臨床家から、基本を学ぶ

同世代の歯科医師で臨床を追求したいと思っている方は
どれくらいいるのでしょうか。全国から集まった、
志の高い仲間との出会いや切磋琢磨しあう経験は一生の財産になります。

12ヶ月間のハンズオンコースが無償で受講可能

本コースは、「30 Under 30」のコンセプトに共感してくださった協賛企業の方々がバックアップしてくださっているため、12ヶ月間のハンズオンコースを無償で受講することが可能です。

習得までを意識した研修後のフォロー

「30 Under 30」は継続性を重視しています。そのため、「研修をしてサティフィケートを出して終わり」ではなく、研修終了後も「30 Under 30 Alumni (卒業生限定のクローズドなコミュニティー)」を中心とした卒業後の研鑽の場や交流の場を用意しています。卒業生有志の勉強会企画や「30 Under 30 Advance」も予定しています。

30 Under 30 お申し込みの流れ

30 Under 30 お申し込みの流れ 30 Under 30 お申し込みの流れ

MESSAGE

日本の歯科医師が人気職業ランキングTOP10になる日

米国では、歯科医師は「なりたい職業ランキング(第1位)」と
子供たちから憧れられる職業だといいます。

同じ職業であるにも関わらず、日本では歯科医師222位に次いで、歯科技工士264位という厳しい現実。

我々は、この現実をどのようにとらえればよいのでしょうか。

歯科医師という職業が極めて専門性が高く、人々の命とつながっていること。

真面目な仕事をすれば多くの人々から感謝され、やりがいに満ちあふれ、物心両面の豊かさを得ることができる魅力的な職業であること。

こうしたことが伝わっていない現実があります。

医療という人間の根幹にかかわる仕事が、職業としての魅力に欠けるようであれば、歯科業界、ひいては社会の衰退は自明のことでしょう。

日本でも、歯科医師が「なりたい職業ランキング」トップ10に入る日が来る。

そんな願いがあります。

これまで第一線で臨床を追求してきた歯科医師が、これからの日本の歯科医療を背負ってたつ若手歯科医師へと想いと技を伝承し、次の世代へと継承していく。

そして、ゆくゆくはこの「30 Under 30」から、世界レベルの臨床家を輩出する-

若手歯科医師に機会を 日本の歯科医療に未来を。

Q&A

Q1
なぜ無料で「30 Under 30」の年間ハンズオンコースが実施できるのですか?
A1
「30 Under 30」の想いに共感・共鳴してくださった有志の協賛企業の方々がバックアップしてくださっているため、実施が可能になっています。
Q2
12/3(日)1DAYガイダンスの受付期限はありますか?
A2
すでに定員に達しているため、現在はキャンセル待ちとなっております。キャンセル待ち予約は、申し込みページより必要情報をご記入のうえ、お申込みください。
Q3
12/3(日)1DAYガイダンスの残席ありますか?
A3
残席はございません。
Q4
12/3(日)1DAYガイダンスは、開業医でも参加できますか?
A4
紹介者の方がいる場合は、開業医の方も参加可能です。但し、「30 Under 30」の年間コースは、勤務医の方を優先的にご案内しています。「若手歯科医師の経済的負担をおさえて技術研鑽できる場」という趣旨で開催しているため、ご理解ください。
Q5
12/3(日)1DAYガイダンスは、事前に受講票など送付されてきますか?
A5
11月下旬ごろに参加チケットを送付させていただきます。
Q6
12/3(日)1DAYガイダンスの会場はどちらですか?
A6

会場は、新宿区にある「ベルサール新宿セントラルパーク B1」になります。

新宿区には、ベルサール系列の会場が3つありますので、ご注意ください。

<所在地>
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-13-1 新宿セントラルパークシティ

<最寄り駅>
「都庁前駅」A5出口(徒歩4分)/都営大江戸線
「西新宿五丁目駅」A1出口(徒歩5分)/都営大江戸線
「西新宿駅」2番出口(徒歩7分)/丸ノ内線
「新宿駅」A18出口(徒歩17分)/JR線

<Google マップ>

Q6
12/3(日)1DAYガイダンスへの途中入場は可能ですか?
A6
ガイダンス開始後(13:00以降)の入場はお断りしております。12:00開場ですので、お早めにご来場ください。
Q7
12/3(日)1DAYガイダンスの参加が難しい場合、代理出席などは可能ですか?
A7
ガイダンスは、「30 Under 30」のコンセプトなどを直接お伝えする場のため、代理出席は受けつけておりません。
Q8
12/3(日)1DAYガイダンスの開演・閉演時間を教えてください。
A7
開演:13:00 閉演:17:00 を予定しております。開場は12:00ですので、お早めにお越しください。
Q8
「30 Under 30」の年間ハンズオンコースはどちらで開催されますか?
A8
東京都新宿区の研修施設を開催場所として予定しています。
Q9
「30 Under 30」の年間ハンズオンコースの内容や日程を教えてください。
A9
現在講師と日程調整中の為、決定次第、随時告知していきます。2018年4月開講予定です。
Q10
「30 Under 30」の年間ハンズオンコースの応募条件などはありますか?
A10
歯科医師免許保持者(35歳以下)の方かつ1DAYガイダンスに参加した方が対象となります。
Q11
申し込み時点で35歳の場合は、「30 Under 30」の年間ハンズオンコースの対象者になりますか?
A11
2018年4月1日時点で35歳までの方が、年間ハンズオンコースの対象になります。
Q12
「30 Under 30」の年間ハンズオンコースの人数制限はありますか?
A12
実習つきのコースのため、定員を30名とさせていただいております。
Q13
「30 Under 30」の年間ハンズオンコースへの選考方法や選考基準は決まっていますか?
A13
12/3(日)1DAYガイダンスにて、選考方法や基準をお伝え致します。
 
Q12
「30 Under 30」の年間ハンズオンコースの選考は、協賛クリニックの勤務医が優先されますか?また、著名なドクターの紹介などがあると優遇されますか?
A12
公平性を担保するために、協賛クリニックの勤務医は、「30 Under 30」には参加できません。また、著名な方からのご紹介であっても、優遇されることは一切ありません。
Q14
「30 Under 30」は第2期以降も開催されますか?
A14
開催予定です。
Q15
「30 Under 30」の年間ハンズオンコースの選考に漏れてしまった場合に、何か救済措置はありますか?
Q15
12/3(日)の1DAYガイダンスにご参加いただいた方には、定期的に開催される、「ガイダンス参加者限定のプレミアムセミナー」への無料ご招待、第2期以降の優先受講、スポンサー企業による臨床学習のための助成金支援企画などの特典をご用意しています。
Q16
申し込みをした際に自動返信メールが届いたのですが、申込みは完了していますか?
A16
自動返信メールが届いた方は、申込みが完了しています。
Q17
年齢が35歳を超えているのですが、申込みは可能ですか?
A17
1DAYガイダンスへの申込みは可能ですが、「30 Under 30」の年間ハンズオンコースへの参加はできません。